さくら歯科
HOME
診療案内
一般歯科
矯正歯科
小児歯科
インプラント
ホワイトニング
医療案内
院長挨拶
診療時間・アクセス

インフォメーション
Q&A
お問合せ

お問合せ

携帯サイト

Q&A
 

小児歯科には何才になったら診せに行けばよいのでしょうか。


子どもの可愛い上の前歯と下の前歯が出揃う頃は、ちょうど1才を過ぎてからです。
この頃から、おかあさん方にも是非虫歯予防に関心を持っていただきたいし、開始をしていただきたいと思います。
歯科衛生士さんも一緒になって、歯磨きや食事、おやつ等について考えていきましょう。
この頃が小児歯科を初めて受診する良い時期と思われます。
また小児歯科の先生方は虫歯予防以外の口の中の問題(咬み合わせや舌など)も指摘してくれますので、一度特に治療の必要がないと思っても見ていただくと良いと思います。

歯の治療は痛いですよね。


2才や3才の子供達にとって、最初に受ける歯科経験は重要ですよね。
歯の治療が痛いものだとしたら、その子は生涯、歯医者さんを怖がる原因 を作る事になって
しまいます(これ定説)。

ですから小児歯科医にとっては、痛くない治療をするという事は最も大切な事だし“先生たちは痛くなく虫さんを取っちゃうから君もお利口さんをしてちょうだいね”
という 彼らとの絶対的な約束を守る必要があるのです。

ですから、小児歯科特有の痛くない部分麻酔は多くのケースで使用する事になります。
エーッ! 麻酔って痛いじゃない!とおっしゃるお母さん。
麻酔は痛くなく行えるのですよ。(小児歯科医の企業秘密)
特に治療の必要がないと思っても見ていただくと良いと思います。

Copyright(C)2007-2014 dc-sakura All Rights Reserved.