さくら歯科
HOME
診療案内
一般歯科
矯正歯科
小児歯科
インプラント
ホワイトニング
医療案内
院長挨拶
診療時間・アクセス

インフォメーション
Q&A
お問合せ

お問合せ

携帯サイト

小児歯科
 

    子供の虫歯予防
小児の虫歯予防の原点は、母親にあると言ってもよいでしょう。生後10ヶ月〜31ヶ月の間に、虫歯菌であるミュータンス菌が母から小児へと感染していきます。その時の条件は、母親の口腔内にミュータンス菌が大量にいる場合、又、小児が ショ糖(砂糖)をたくさん摂取している場合に、効率良く感染していきます。
問題は、一旦強く感染してしまうと、ブラッシング位ではミュータンス菌を減らす事は出来ず、”一生ミュータンス菌を大量に抱えて過ごしていかなければならない”というリスクを追うという事です。
反対に、上記の期間を無事に過ごす事が出来れば、サングイス菌(虫歯にとっての善玉菌)が定着しやすくなり、虫歯になりにくい口腔となっていきます。

    小児の矯正
子供には、歯の生える時期に、顎が大きくなる能力があります。
しかしながら、子供の歯並びの時期に、何らかの要因で顎が大きくなれずに歯のでこぼこができてしまう子供がいます。子供の頃の歯並びはすごくきれいだったのに!というお子様ほど症状はひどくなる傾向があります。
骨の柔らかい子供の時期だからこそ、不正咬合を予防しておく必要があります。小児には、簡単にできる小児矯正があります。適応時期は、歯がはえてくる頃で顎が大きくなる時期が最適です。歯がはえ終わり、骨の形が出来上がってしまってからですと、決まってしまった骨の形の中で歯を移動させなくてはなりません

Copyright(C)2007-2014 dc-sakura All Rights Reserved.